国民年金を前払い(前納)した場合の所得税控除(節税!)について

国民年金を2年前納した場合、国民年金の所得控除はどうなるのでしょうか?結論は2つ。どちらでも選択できます。
 (1)全額を納めた年に控除できます。
 (2)各年分の保険料に相当する額を各年度の所得から控除できます。

(1)全額納付した年に控除

 毎年秋ごろに届く「国民年金の控除証明書」の「納付済保険料の証明額」欄に記載されている額がそのまま控除額です。簡単ですね。

 (2)各年分の保険料に相当する額を各年の所得から控除

・上記のとおり、控除証明書は、2年分の前納をした場合には、その前納をした年の納付済年金の中に含まれてしまっています。
じゃあ、どうやって各年控除の場合には金額を算出するのでしょうか?
結論は、自分で計算するしかありません。
支払がいつかは全く気にせず各年度の年金の金額を各年度の所得から控除するということですね。こっちは自分での計算が必要なのでちょっと手間かもしれません。
ただ、年金事務所のホームページでは「国民年金保険料控除額内訳明細書」がダウンロードできるようにはなっています。これでちょっとは楽になるという謳い文句ですが、(1)に比べるとかなり大変です。

実務的には前納する年は「税金を減らしたい=所得が多い」年にもっていくべきだと思います。
賢い?人などは、所得の少ない年には国民年金を払わずに、所得の多い年まで持ち越すツワモノもいます。
このあたりの調整で単純に年間20万円程度の違いが出ます。生命保険料に比べても金額が大きいので、みんなこっちにもっと気を使ってもいいかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

整骨院 税理士 大阪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ